【S29 シングル 最終129位/1958】ポリヌケザシオーガ

はじめまして同格です

全体的に結果は微妙ですが、s28、29、ポケリーグオフで使用した構築を簡単に紹介しようと思います

最後まで読んでいただけたら幸いです

 



 

【戦績】

シーズン28: TN もんぶらん 143位/1992

 

シーズン29: TN No Pictures 129位/1958

 

ポケリーグオフ: 予選スイスドロー 5-2

         決勝トナメ0-2初戦落ち()

 

 

【コンセプト】

ヌケニン、ポリゴン2をクッションにしつつエースを通す

 

【個体紹介】

ザシアン@朽ちた剣

ポ。

特性:不撓の剣

性格:意地っ張り

 

185(140)-243(244)-135-×-135-184(124)

巨獣斬/電光石火↔︎戯れつく/ワイルドボルト/インファイト

 

ホウオウナットに強く出れるようにワイボとインファ両採用

戯れつくと電光石火は好みではあるが、個人的には戯れが欲しい場面の方が多かったため基本的には戯れつくを採用していた

ザシアンミラーには弱いので、水ラオスヌケニンを絡めて立ち回った

 

 

カイオーガ@食べ残し

特性:雨降らし

性格:図太い

205(236)-×-146(180)-170-160-122(92) ※A個体値は0推奨

熱湯/冷凍ビーム/瞑想/身代わり

 

トドンの地震を身代わりが確定で耐えるのはもちろん、意地特化ザシアンのワイボを確定耐え(〜98.5%)までするめちゃくちゃ固いカイオーガ

ヌケニンの鬼火と組み合わせてかなりのポケモンを起点にできる

またポケモンのおかげでコスパダイナにもストレスなく戦えた

相手のカイオーガに弱すぎる以外は最高のポケモンだった

参考: https://ippeipoke.hatenablog.com/entry/2022/03/01/193029

 

 

サンダー@命の珠

特性:プレッシャー

性格:臆病

165-×-106(4)-177(252)-110-167(252)

ボルトチェンジ/暴風/熱風/羽休め

 

ナットレイへの遂行速度を速めたかったので熱風採用

初手オーガに対してテンポを取っていきたかったので電気技はボルチェン

 

 

 

ポリゴン2@進化の輝石

特性:トレース

性格:生意気

191(244)-100-120(76)-125-152(188)-58 S個体値は0

イカサマ/冷凍ビーム/自己再生/電磁波↔︎スピードスワップ

 

いろんなポケモンをやんわり誤魔化してくれるポケモン

↑具体的には黒バド、ディアルガ、ホウオウ、ジガルデ、日ネク、サンダー、ランド、カイリューなど

ただHDラインが臆病サンダーのダイジェット2耐えである点や、ホウオウやディアルガが珠持ちだと無理だったりとぎりぎりな部分も多かった

トレースはランド、カイリューに後投げしやすくなる点、ヌケニン入りの構築に対しても強く出れる点が大きかったため採用した

スピスワは身代わり貫通する点や電磁波が入らないポケモンのSを下げれる点、電磁波よりSを下げれる場合があるなど、電磁波とは違う良さがあった

(参考:ぽぜす@POZEMON_さん)

 

 

連撃ウーラオス@拘りスカーフ

 

特性:不可視の拳

性格:陽気

175-182(252)-106(4)-×-80-163(252)

水流連打/インファイト/怖い顔↔︎冷凍パンチ/蜻蛉返り

 

S +1の90、95属の禁伝の上を取りたかったため最速で採用

襷ランドからのザシバドの展開に初手から投げることで強く出れた

当初はダイウォールを打ちたい場面もあったため怖い顔を採用していたが、ゼクロムがあまりにも重い上に対面で竜舞を積まれることも多かったためレンチに変更した

 

 

ヌケニン@気合いの襷

特性:不思議な守り

性格:寂しがり

1-156(252)-×-×-51(4)-92(252)  ※B個体値は0

ポルターガイスト/影打ち/鬼火/堪える

 

襷を持つことで「すごい」立ち回りが可能になるポケモン

ただ前期はカイオーガの岩技が事故とは言えないレベルで飛んできたり、ザシアンにも割と打点をもたれていたりときつかった

 

 

【選出】

・ザシアン+カイオーガ+ポリゴン2orヌケニン

→基本選出、できると強い

・ポリゴン2+ヌケニン+刺さってるエース

→ステロ撒かれなそうな構築に対して強い

・水ラオスorサンダー+ポリゴン2orヌケニン@1

→スカーフ蜻蛉やボルチェンから展開を作っていく

 

 

【さいごに】

正直この構築の賞味期限は切れている気はしますが、読んでいて参考になったと思っていただける点があれば幸いです

この構築を使って2ヶ月と少し潜りましたが、S28では20チャレを落とし、S29でも2桁チャレを3回落とし、ポケリーグでは予選で構築相性で勝ったreboさんに決勝トナメでは完敗とどれも自分の実力不足を感じる結果となりました

もっと強くなって満足のいく結果が出せるよう頑張ろうと思います

またポケリーグオフは初めてのオフ会でしたが、人見知り発動して対戦した方以外に全然話しかけれなかったので次の機会があればそっちも頑張りたいです、、()

最後まで読んでいただきありがとうございます

 

何かあればtwitter:@IaXb9までお願いします

 

 

【S23シングル 最終レート1996/205位】逆襲 超夢ガモラオス

はじめまして、同格です

S23お疲れ様でした!

今回はS23でミュウツーを使ってレート2000を達成したと思って記念に記事を簡単に書きましたが、実際は届いていませんでした( ;  ; )

せっかく書いたので公開します

来シーズンからルールが変わり参考になる部分は少ないかもしれませんがぜひ読んでいってください

 

f:id:IaXb9:20211101121014p:plain

 

【戦績】

TN もんぶらん 爆死(最高188×)

TN ひびき 最高最終205位(1996)

 

【構築経緯】

ダイマックスアドベンチャーをしていたところ中国語ミュウツーの色違いを捕獲することができ、また後述する強そうな調整を見つけたためミュウツーを軸に構築を組み始めた

(ただしAの個体値がVだったため、イカサマを考え通常色のミュウツーを使用)

 

ザシアンに受け出すゴツメ枠としてわんちゃん火傷も狙えるウルガモス、ザシアンの上から動けかつ前の2体がきついウーラオスに弱くないスカーフ水ウーラオスを採用しザシアン軸への基本選出とした

 

次にザシアン以外の禁伝への対策として、黒バドレックスとイベルタルに強く出れるガラルファイヤー、ダイナカグヤバンギの並びや日ネク軸に対してビルドランドロスカイオーガ軸に対して襷サンダーを採用して構築が完成した

 

構築を組む時点で意図していた訳ではなかったが、ウルガモスランドロス、サンダーと並べることでゴツメ枠が相手視点だとわからない点も良かった

【個体紹介】

 

f:id:IaXb9:20211101164735g:plain

ミュウツー@拘り眼鏡

特性:プレッシャー

性格:控えめ

183(12)-×-125(116)-202(220)-110-170(162)

サイコブレイク/大文字/冷凍ビーム/草結び

 

ましゅーさんの調整をそのまま使わせていただきました

https://mashpok.hatenablog.com/entry/2021/09/01/222529

(無断でリンクを貼っているため問題があれば削除します)

 

調整が優秀で使い勝手が良かったポケモン

火力が凄まじく相手に中途半端な受け出しを許さない点が強力だった

草結びはステロがきつい構築だったため、ステロを撒いてくるカバやラグをワンパンできる点で採用価値があった

またメタモンに対しても相手側の最大打点である大文字はこちらを乱数41%でしか落とせないが、こちら側は何を押していても確定2発取れる点も良かった

特性は相手のスカーフを判別できる可能性のあるプレッシャーで使用した

 

ただザシアンに対して命中不安の大文字を押さなければいけない点や、拘っているため択になる場面が多い点がネックであった

 

 

f:id:IaXb9:20211101165333g:plain

ウルガモス@ゴツゴツメット

特性:炎の体

性格:図太い

191(244)-×-128(252)-155-125-122(12)

オーバーヒート/ギガドレイン/蝶の舞/吹き飛ばし

 

欲張り技構成のウルガモス

オーバーヒートを採用することでH振りザシアンならゴツメ込みでワンパンできる

蝶舞は自身がエースになることができ強力な技であった

ギガドレインミュウツーや水ラオスでは突破できないHBポリ2やクレセリアといった低火力高耐久ポケモンと殴り合うときに必要であった

吹き飛ばしはバトン構築に勝つためやオバヒを打った後に自身が起点とならないように採用した

 

とんぼ返りを採用した方が好ましい気もしたが、この技構成が地雷であるため拾えた試合も多くトントンかと思っている

 

調整はSラインを無振り100属抜き抜きにし、残りはHBに振った

 

f:id:IaXb9:20211101165007g:plain

水ウーラオス@拘りスカーフ

特性:不可視の拳

性格:陽気

175-182-121-×-80-163(252)

水流連打/アクアジェット/インファイト/蜻蛉返り

 

普通のスカーフ水ラオス

技構成は強力なタイプ一致打点の水流連打、インファイト、対面操作するための蜻蛉返り、先制技が欲しかったのでアクアジェットを採用した

アクアジェットは蝶舞を積まれてしまったウルガモスやスケショを打った後のガブリアスを削り切れなかった際の回答として採用していたが、冷凍パンチの方が良かったかもしれない

 

f:id:IaXb9:20211101165521g:plain

ガラルファイヤー@オボンの実

特性:逆上

性格:生意気

197(252)-109(28)-113(20)-121(4)-188(204)-99

燃え上がる怒り/不意打ち/暴風/悪巧み

 

さにーさんの調整をそのまま使わせていただきました

https://csunny.hatenablog.com/entry/2021/10/02/000000

(食べ残しはランドに持たせたかったのでオボンの実を持たせた)

 

黒バドだけでなく、同時にイベルタルにも殴り勝ちたかったためこの型で採用した

主に上記の禁伝2体の軸に対してしか出さなかったが、とても活躍してくれて強かった

ただこのポケモンも蜻蛉返りが欲しい場面が多々あった

 

 

f:id:IaXb9:20211101165041g:plain

ランドロス@食べ残し

特性:腕白

性格:図太い

196(252)-166(4)-141(152)-×-100-124(100)

地震/岩雪崩/ビルドアップ/身代わり

 

調整意図は、前期5位のモヤシールドさんのA44振りテッカグヤのヘビーボンバーをB+1身代わりが最高乱数切りで耐えるようにHBに振って余りをSに振った

(Sラインが無振り100属抜き抜き抜き抜きだったのでBにもう少し回しても良かったかもしれない)

 

採用意図の通りムゲンカグヤバンギをこのポケモンで崩すことができた他、日ネクやザシアン軸、天候やトリル枯らしなどいろいろ強かった

 

f:id:IaXb9:20211101165140g:plain

サンダー@気合の襷

特性:静電気

性格:臆病

165-×-105-177(252)-111(4)-167(252)

10万ボルト/ボルトチェンジ/暴風/電磁波

 

スカーフカイオーガがどうしようもない構築だったので、無理やり電磁波を入れるために採用した

特性は役割対象であるオーガと対面した際にスカーフ判定できるプレッシャーと悩んだが、個体がいなかったこと、アタッカーだと悟られたくなかったこと、オーガの持ち物は構築の見た目で大体わかることなどを踏まえ静電気で採用した

 

襷を持っていることで最低限の行動保証がありいろんな構築に対して柔軟に選出できる点も良かった

(スカーフでも使ったが暴風で拘るのが弱すぎたのですぐやめた)

特にゼルネアスに対して麻痺を入れることでジオコンを積まれたとしてもミュウツーサイコブレイクで縛れるようになるのも強かった

また単純に速い火力のあるサンダーは強かった

 

ただスカーフオーガ軸に対しては初手で引かれてしまうだけでかなり不利な展開を強いられるため相手依な解決策であった

大事な場面で電磁波を当ててくれないサンダーだった

 

【さいごに】 

このルール3シーズンを通してレート2000を達成することはできませんでしたが、禁伝ありダイマなし環境という面白いルールで日ネクゼルネミュウツーと色々禁伝を使って遊べて楽しめました

来シーズンからはダイマックスが帰ってくるということで大きく環境が変わると思いますが、もっと上を目指してがんばりたいです

改めてS23お疲れ様でした

 

最後まで読んでいただきありがとうございます

 

何かあればtwitter:@IaXb9までお願いします

 

 

【S22シングル 最終レート2020/142位】物の怪ゴチゼルネ

はじめまして、同格です

 

今回はシーズン22で2romで2000↑を達成するにあたって使用した構築の紹介させてもらいます

 

ザシアンメタモンがきつい構築であり逆風の環境ではありましたが、壁を貼らないゼルネアス構築となっているので興味がある人はぜひ読んでください

 

 

 

f:id:IaXb9:20211001114834j:plain



 

【戦績】

TN もんぶらん 最終順位 272位 / 最高最終レート 2004

TN Chzzuk    最終順位 142位 / 最高最終レート 2020

 

 

 

【構築経緯】

壁ではない、サイクルをの中でジオコンを積んで全抜きを狙うゼルネアス構築を使いたいと思い、禁伝枠としてゼルネアスを採用した

 

ザシアンに対して受け先となりながら削りを入れるためゴツゴツメットナットレイ、サイクルの潤滑油かつザシアンを上から縛ることのできるスカーフランドロスを採用し、これをザシアン軸への基本選出とした

 

次にみがまもダイナが環境に多かったためeasy winを狙うことのできるゴチルゼルを、マンムーヒヒダルマがきつかったため水ウーラオスを採用した

 

最後にイベル軸(特にイベルガラキンガルドやイベルドヒドガルドの並び)、オーガ軸に対して強く出ることのできる霊獣ボルトロスを採用し構築が完成した

 

しかし当初のコンセプトから少しずれ、ザシアン軸以外には対面選出をする構築になってしまった

 

 

 

【個体紹介】

 

f:id:IaXb9:20211001041221g:plain

ゼルネアス@パワフルハーブ

特性:フェアリーオーラ

性格:臆病

 

201-×-115-183(252)-119(4)-166(252)

 

ジオコントロール/ムーンフォース/気合玉/サイコショック

 

 

ザシアン以外の禁止伝説ポケモンは特殊寄りであることもありジオコントロールを積んだ後の突破力は圧倒的だった

また選出圧力も禁伝の中では随一で相手の選出を読みやすいという点も強かった

 

努力値配分は優秀な99という素早さ種族値を活かしつつ火力も欲しかったため、CSぶっぱにした

 

技構成は最強の専用技であるジオコントロール、威力が高くcダウンの追加効果も強力なムーンフォース、鋼タイプへの打点となる気合玉、ガラルヤドキングドヒドイデウルガモスに勝てるようにサイコショックを採用した

サイコショックが特に強かった)

 

環境にメタモンが蔓延しすぎていたためゼルネアスを使う上でとてもキツかった

またナットレイがヨプを持っていることも多く気合玉を当てたとしても突破できないこともよくあった

 

 

 

f:id:IaXb9:20211001045128g:plain

 

ナットレイ@ゴツゴツメット

特性:鉄の棘

性格:呑気

 

181(252)-114-201(252)-×-137(4)-22(s0個体)

 

ボディプレス/ジャイロボール/鉄壁/宿木の種

 

 

 

ゴツメを持ったHBナットレイ

鉄の棘+ゴツゴツメットで一回触れられるだけで相手のhpを1/4強削ることができるため、交換自体が相手に圧力をかける行為になる点が強かった

 

技構成は基本的に採用されるジャイロボールと宿木の種に加え、主に日ネクに勝てるように鉄壁とボディプレスを採用した

鉄の棘とゴツメをより多く相手に触らせるために堪えるという技の選択肢もあったが、ザシアンなどに受け出しても、炎牙やインファのような効果抜群の技で突っ込まれるより引かれることが多かったので、採用価値はあまり感じなかった

 

 

f:id:IaXb9:20210901181717g:plain

霊獣ランドロス@拘りスカーフ

特性:威嚇

性格:陽気

 

165(4)-197(252)-110-×-100-157(252)

 

地震/岩石封じ/蜻蛉返り/ぶんまわす

 

 

普通のスカーフランドロス

ナットレイのゴツメ+鉄の棘でザシアンに削りを入れた後、ゼルネのジオコンを積むために上から圧力をかけてザシアンを一旦引かせることができるようにスカーフを持たせた

 

技構成はタイプ一致で強力な地震、サイクルを回すための蜻蛉返り、s操作ができまた命中意識の岩石封じ、黒バドレックスへの見えない勝ち筋を掴めるぶんまわすを採用した

 

初手のザシアン対面で裏のナットレイを意識した技を打ったり、剣舞を積んだりする人もいたため、初手から一方的な択を強いられている気がして嫌だった

またサンダーが多く、蜻蛉返りを打つだけで麻痺って機能停止してしまう可能性があり動かしにくかった

 

 

f:id:IaXb9:20211001050704g:plain

 

ゴチルゼル@カゴの実

特性:影踏み

性格:穏やか

 

177(252)-×-155-155-171(204)-92(52)

 

アシストパワー/コスモパワー/眠る/挑発

 

 

ダイナ受けループにeasy winをとるために採用したHD挑発ゴチルゼル

メテビ以外のダイナに対面勝つことができ(珠はヘド爆の毒次第ではきついが)、私の構築ではダイナ+鋼+浮いてるポケモンを崩せないため、このポケモンに一任していた

ダイナの他にも火力の低いポケモンを捕まえて起点にして、全抜きすることも少なくなかった

 

努力値調整はSに4振った70属(エアームド、アーマーガア)に上から挑発を打つために実数値が92になるように努力値を振り、余りHDに振った

 

今回初めて使ったが、影踏みという特性がただただ強く、良くも悪くもゴチルゼルがいるだけで全く違うゲームになった

 

 

f:id:IaXb9:20211001053004g:plain

 

連撃ウーラオス@気合の襷

特性:不可視の拳

性格:意地っ張り

 

175-200(252)-121(4)-×-80-149(252)

 

水流連打/アクアジェット/インファイト/岩石封じ

 

 

意地っ張りで採用することで黒バドレックスを水流連打+アクアジェットで縛れるようになる点が強かった

また環境にいる水ウーラオスが拘りアイテムを持っていることが多く、拘っている前提の動きをよくされたので、打ち分けができかつそれが相手にバレない襷というアイテムは強力だった

 

技構成は基本的に採用される水流連打、アクアジェットインファイトに加え、ゼルネ軸できついヌケニンに隠れた打点を持ちたかったので命中意識で岩石封じを採用した

後投げされるイベルタルに対して、岩封+インファで縛れたり(耐久無振りに対して有利乱数)、炎の体のポケモンウルガモス、ファイヤー)に非接触技の打点になったりして思わぬ点で生きることも多かった

ただ火力を重視して岩雪崩やストーンエッジでも良かったかもしれない

 

意地である点のデメリットとしてはS90、95属の禁伝のスカーフ判定ができないところだった

上を取れなくなるところに関しては、襷を持っているため最低限の行動保証があり気にならなかった

襷枠が余っている人にはおすすめしたいほど大活躍してくれた

 

 

f:id:IaXb9:20211001055224g:plain

 

霊獣ボルトロス@オボンの実

特性:蓄電

性格:臆病

 

174(156)-×-91(4)-177(92)-101(4)-168(252)

 

10万ボルト/悪の波動/悪巧み/挑発

 

 

 

もっちゃんさんのボルトロスをそのまま使わせてもらいました

https://chillchillchill.hatenablog.com/entry/S21ZaLaAr

(無断でリンク貼っているため問題があれば削除します)

 

イベル軸の多くに毒タイプ+ギルガルドが採用されており、ゼルネアスでは崩すことができないため採用したポケモン

ゼルネガルド対面ではほぼ確実にアイへが飛んでくるので、ボルトを後投げし悪巧みを積むことで相手を崩していくことができた(イベルに対しては不意打ち択になるが)

 

また環境にスカーフカイオーガが少なかったため、オーガサンダーの並びに対して強かったり、他にも不利な禁伝であるネクロ軸に対しても強く、ネクロ+レヒレ+サンダーのような並びに一体で大きな圧力をかけれる点も良かった

 

Cに補正のかかっていない黒バドのアストラルビットを耐えるという場面はなかったが、最後の2000から潜った1戦で眼鏡レヒレのれいびを耐えて(臆病なら82.5%耐え)そのまま相手のptを半壊させて勝つことができたなど、ちょうど良い耐久ラインで抜群の使用感だった

選出した際の多くはMVPを挙げたいほどの活躍を見せてくれたポケモン

 

環境にいるボルトロスの多くは化身ボルトであったが、霊獣ボルトロスも上記のように大活躍してくれたのでもっと採用されていいと感じた

 

 

 

【選出】

※○△×で、潜ってての構築相性を表してみました

 

・ザシアン軸

 ×メタモン有り ランド、ナット、ラオス、ゴチルから3体

 △メタモンなし ランド、ナット、ゼルネorラオス

 

・△アタッカーダイナ軸

 ラオス、ゴチル、刺さってるポケモン

 

・○黒バド軸

 ラオス、ランド、ゼルネ

 

・△オーガ軸

 ラオス、ボルト、ゼルネorランド

 

・○イベル軸

 ゼルネ、ボルト、ラオス

 

・ゼルネ軸

 ×壁ゼルネ ゼルネ、ナット、ラオスorゴチル

 △壁でないゼルネ 上と同じ

 

 

・○日ネク

 ボルト、ラオス、ナット、ゼルネ、ランドから3体

 

・△ジガルデ

 ゼルネ、ラオス、ランドorナット

 

・受けループ

 ○ダイナ ラオス、ゴチル、ナットorゼルネorボルト

 ×ホウオウ ラオス、ゴチル、刺さってそうなポケモン(いない)

 

 

 

 

【レンタル】

しばらく上げておくので興味のある人は使ってみてください

f:id:IaXb9:20211001111759j:plain

 

 

 

【さいごに】

今シーズンはザシアンサンダーメタモンの並びが非常に多く、サイクルゼルネ構築で戦おうとする上であまりに辛い環境でした

そんな中である程度勝つことができたのは、最終日のマッチングに恵まれたという部分が大きかったです

 

シーズンを通してこの構築を使って感じたのは、ザシアン軸にメタモンやサンダーが多く採用されているこの環境でゼルネアスを使おうとすると、壁を貼るゼルネアスの方が(メタモンを自然に採用しやすいことも含め)安定するのではないかということでした

悲しい結論ですが、環境にいるほとんどのゼルネアス構築が壁を貼る理由がわかった点は良かったです

 

S22お疲れ様でした

 

最後まで閲覧していただきありがとうございます

何かあればtwitter:@Iaxb9までお願いします

 

【S21シングル最終レート2021/204位】祈祷ネクロランドレヒレ

はじめまして、同格です

 

今回はシーズン21でレート2000↑を達成するにあたって使用した構築を紹介させてもらいます

 

シーズンを通して3桁の中盤以上で戦えており、そこそこ強い構築だと思うのでよかったら最後まで読んでいってください

 

f:id:IaXb9:20210901170123j:plain

 

【戦績】

TN もんぶらん 最終順位487位/最終レート1973(最高レート2011)

TN NijntjePluis    最終順位204位/最高最終レート2021

 

 

【構築経緯】

トップメタと言われていたザシアン、ムゲンダイナに強く、サイクルをするために必要な鋼枠として日食ネクロズマを構築の軸として組み始めた

 

日ネクの苦手な悪、炎、地面タイプに強いかつあくびの一貫を切れるポケモンとしてカプ・レヒレ、地面の一貫を切りたかったのでランドロスを採用 この3体を基本選出とした

 

次にこのままできつい黒バドレックスへの対策できるポケモンとしてポリゴン2カイオーガへの対策としてラティアスを採用した(ラティアスの枠は最終日前日まではゴリランダーを採用していた)

 

最後に以上の5体だとナットレイテッカグヤを突破することが困難だったため、この2体に選出画面から圧をかけていけるヒードランを採用し、構築が完成した

 

 

【個体紹介】

f:id:IaXb9:20210901174130g:plain

日食ネクロズマ@残飯

特性:プリズムアーマー

性格:呑気

 

204(252)-178(4)-179(124)-134(4)-145(124)-84

 

メテオドライブ/アシストパワー/コスモパワー/朝の日差し

 

一度でもコスモパワーを積めてしまえば、プリズムアーマー込みの圧倒的耐久力で環境の多くのポケモンに突破されることなく、寧ろ起点としていくことができた最強のポケモン

コスパを積んだ後は急所に当たらないことをひたすらお祈りしていた

 

火力の低いポケモンを起点にし全抜きすることはもちろん、対面からザシアンや火力アップアイテムを持っていないランド、マンムーエスバにコスパを積んでいって勝てたり、相手の交代に合わせてコスモパワーを詰めていた場合には、鉢巻ランドやビルドランド、スカーフウオノラゴン等の高火力ポケモンやグロパン地震ヌオーにも勝てたりと素晴らしい活躍をしてくれた

 

天敵である悪ラオスに対しても特化鉢巻暗黒強打を耐えるようにHBに振っているため、メテオドライブで高乱数で確定2発をとれることもあり、交代を読めれば一応戦うことができた

 

持ち物は型の特性上、長期間場に居座るため大きな恩恵を受けることのできる食べ残しを持たせた

 

 

f:id:IaXb9:20210901181717g:plain

霊獣ランドロス@拘りスカーフ

特性:威嚇

性格:陽気

 

165(4)-197(252)-110-×-100-157(252)

 

地震/岩石封じ/蜻蛉返り/ぶんまわす

 

普通のASスカーフランド、禁伝に90族が多く上をとりたかったため陽気で採用した

威嚇込みでザシアンに一回はあと投げ可能なため使用感が良かった

ただ耐久に少しでも振られるとザシアンを地震でワンパンできないため、サイクルの中で削りを入れるように立ち回る必要があった

ぶんまわすは耐久振りでない黒バドレックスを上からワンパンできるようになるので、相手からの見えない勝ち筋をつかめるという意味で非常に強かった

 

またサイクルの中で威嚇を入れることで日ネクがコスパを積みやすくなったり、後述するポリゴン2の突破を困難にすることができたりする点も良かった

 

ただ地面の一貫を切るために採用したが、ランドにあと投げしても打点がない点や上から蜻蛉返りを打ってしまう点、終盤に増えたマンムーに弱すぎるなどの課題もあった

 

 

f:id:IaXb9:20210901181150g:plain

カプ・レヒレ@拘り眼鏡

特性:ミストメーカー

性格:控えめ

 

159(108)-×-137(12)-149(164)-151(4)-133(220)

S17のサックーさんの調整を参考にしました(無断で載せてるので問題あれば削除します)

https://sakku-poke.hatenablog.com/entry/2021/05/01/202915

 

ムーンフォース/波乗り/トリック/挑発

 

構築の過労死枠でほぼ全ての構築に対して選出した

日ネクに強いポケモンとして出てくるほぼ全てのポケモンに対して強かった

また眼鏡を持つことでサイクルの中で相手を負担をかけていくことができる点も良かった

ミストフィールドもえらく、後述のポリ2が状態異常をもらわずに身代わりを安定して貼れることができた

 

鉢巻ノラゴンのエラがみが誰も受からないため、相手の構築にノラゴンがいる場合は波乗りを押したい場面でもムンフォを押すことを徹底した。

 

挑発の枠に関しては日ネク等の遅い積みポケの起点にされない点やトリックを打った後にも強かったため最後まで使い続けていたが、他にいい技があったかもしれない

 

 

f:id:IaXb9:20210901193527g:plain

ヒードラン@風船

特性:貰い火

性格:臆病

 

191(196)-x-127(4)-156(44)-128(12)-141(252)

S19のくろこさんの調整を参考にしました(無断で載せてるので問題あれば削除します)

https://shar965.hatenablog.com/entry/2021/07/08/201717

 

マグマストーム/ラスターカノン/大地の力/挑発

 

あまりにマグマストームが強すぎた

採用意図であるナットやカグヤに強かったことはもちろん、きつい構築に投げて有利対面を作って無理やり1体をマグストで捕まえて大きく削ることができるなど大活躍してくれた

 

風船も非常に強くヒードランに強いヒードランであった他、相手には見えない地面技を空かせるポケモンであったことも強力だった

 

守るを欲しいと思う場面も多々あったが、それと同じくらいに命中安定のタイプ一致技が欲しいと感じる場面が多かったため、最後までラスターカノンを採用した

ただここに関しては好みであったと思う

 

 

f:id:IaXb9:20210901195745g:plain

ポリゴン2@進化の輝石

特性:トレース

性格:図太い

 

191(244)-×-156(252)-126(4)-116(4)-81(4)

 

いかさま/トライアタック/身代わり/自己再生

 

黒バド+ラオスの並びに勝つために採用した普通のHBポリゴン2

身代わりがとてもえらく、ドヒドイデなどから状態異常をもらわなかったり宿木を防げたり、tod性能が格段に上がったりととても使用感がよかった

また格闘タイプに対しても身代わりを盾にインファを打たせ耐久を下げたのちにトラアタで倒す動きが強力だった

特性のトレースも強く、ランドの威嚇やヒトデの再生力、ヌケニンの不思議な守りなど強い特性をもらえる機会も多く活躍してくれた

 

いかさまの枠はシャドボと選択だが、火力に無振りのため黒バドをワンパンできないため、相手の積み展開に強く出れるいかさまを採用した

 

ただ黒バド対策として採用したが、HB振りのためにエスパー技がサイコキネシスの場合役割を遂行できない点が難点であった。(最終日に当たった黒バドの多くがサイキネ採用であった点も辛かった)

 

 

f:id:IaXb9:20210901202749g:plain

ラティアス@ラムのみ

特性:浮遊

性格:臆病

 

183(220)-×-111(4)-139(68)-151(4)-172(212)

 

マジカルフレイム/波乗り/瞑想/自己再生

 

バンビーさんの動画で使われていたラティアスを参考にしました

https://www.youtube.com/watch?v=wBVa-EuD4dg

 

オーガナットサンダーに勝つためのポケモン

この枠には最終日前日までチョッキゴリランダーを採用していたが、オーガナットサンダーに全く勝てなかったために解雇し採用した

相手のオーガの型を判別した後であれば対面オーガに勝つことができ、後ろのナットレイとサンダーにも強かった

構築の見た目が良くなる点も素晴らしかった

 

ただオーガ軸とあまり当たれていないためオーガナットサンダーの選出をされない場合の立ち回り、特に悪ラオスがいる場合などはまだまだ課題が残る部分ではあると思う

もっといいポケモンがいるかもしれない

 

 

 

【選出】 ※順不同

ザシアン軸 日ネク、ランド、レヒレ

黒バド軸 ランド、レヒレ、ポリ2 

ダイナ軸 日ネク、レヒレ、ドラン (共有受けループは無理)

イベル軸 レヒレ、ドラン、ポリ2

オーガ軸 ラティ(ゴリラ)、ランド、レヒレ

ホウオウ軸 ドラン、レヒレ、ポリ2or日ネク

ゼルネ軸 日ネク、レヒレ、ドランorランド

ジガルデ軸 レヒレ、ポリ2、ランドor日ネク

 

 

【重い構築、ポケモン

・イベル軸

基本的に勝てないが、ドランのマグストで無理やり一体持っていって頑張る

 

・共有受けループ

ダイナとミロカロスをくるくるされているだけでキツかった

 

・鉢巻頑丈顎ウオノラゴン

誰も受からないので、釣られそうな場面は積極的にムンフォを押す

 

・速い剣舞ランド

日ネクが積み合いで勝てないかつ引き先がいない

 

・怪電波サンダー

ヒレと日ネクのアシパしか打点がないため突破ができない

 

ミロカロス、ヤドラン(原種)、ヤドキング(原種)、マンタイン

基本的に勝てない

 

 

【レンタル】

しばらく出しているので興味のある人は使ってみてください

f:id:IaXb9:20210901210841j:plain

 

 

【さいごに】

勝ちきれなかった悔しさはありますが、ダイマックスなしの禁伝環境という環境で、満足のいく構築を組めてよかったです

日ネクランドレヒレは間違いなかったと思うので別の@3を考えてみたい気持ちもあります

もっと上を目指して頑張りたいです、S21お疲れ様でした

 

最後まで閲覧していただきありがとうございます

何かあればtwitter:@Iaxb9までお願いします